ある日のギフトボックス

ある日のギフトボックスは「ちょっぴりお得な2種セット」と「白川茶園の屋久の紅茶」の組合せ。コーヒー豆とウシオチョコラトルのチョコレート? ナルゲンボトル? ドリッパーとペーパーをセットにしてスターターキット? 当店ではご予算に応じて、様々な組み合わせを提案いたします。

送料はざっくりとですが九州440円、関西470円、関東620円。ボックス代として100円いただきます。お気軽にお問い合わせください。

コーヒーの挽き目って?

 コーヒーの挽き目の粗さに驚かれます。せっかくおいしい豆を買ってきたのに、家で淹れるといまひとつという方は、挽き目を見直してみては? 当店では、ペーパードリップに上白糖とザラメ糖の中間くらいの大きさを推奨しています。この挽き目で(富士ローヤルのみるっこならダイアル6)ドリップでもコーヒープレスの抽出でも対応できるかと思います。

 

保存保存

花束みたいにコーヒー豆を贈る

 薔薇には薔薇の、百合には百合の美しさがあるように、コーヒー豆も銘柄ごとの魅力を備えています。

 珈琲通のあの人には、「ブルンジ」「ルワンダ」など、ちょっと珍しい国のシングルオリジンを。 年配でタバコもたしなむあの人には、深煎りでコクのあるブレンド「チョクラ」を。 好奇心おう盛なあの人には、個性の際立つ銘柄を少量ずつ。 家族で飲むには、マイルドなブレンド「イッソウ」かな。

 お客さまと贈る相手のことをあれこれ話しながら、豆を選んだり、詰め合わせたりするひとときは、花屋で花を組み合わせるあの感じに似ています。 松の内が過ぎれば、あっという間にバレンタインデー。 チョコレートに、よく合うコーヒー豆を添えて、「おいしいコーヒーを淹れてあげる」なんて、意中の相手を部屋に招くのにもお使いください。