Kiki Coffee(広島)訪問記

 すでにご存知の方も多いとは思いますが、この夏は初めての広島に行ってきました。 目的は、広島市中区にオープンした「Kiki Coffee」訪問。 当店の豆だけを使ったコーヒースタンドが、オープンしたのです。

 場所は、「平和記念公園」にほど近い「ホテルサンルート広島」の真裏。気をつけていないと通り過ぎてしまうような、細い路地を入ったところに、その店はありました。「ONOMICHI U2」なども手がけた「SUPPOSE DESIGN OFFICE」による、端正な内装は、狭さを意識させないコージィな空間となっています。

コーヒーの淹れ方や保存方法、導線の組み立て方など、ひと通り確認。自分の焙煎したコーヒーを淹れてもらって、「おいしい、おいしい」自画自賛しながら帰ってきました。 店主の中村さんのおだやかな接客で、長居したくなること必至。中村夫妻は、屋久島のヘビーリピーターでもあるので、島旅についても、どしどし質問しちゃってください。

 一湊珈琲焙煎所では、こういった開業支援も積極的に行っています。興味をお持ちの方は、お気軽にご質問ください。

Kiki Coffeeのインスタグラムアカウント @kikicoffee_hiroshima

7/29~8/3までお休みいただきます。

 7月28日、当店のコーヒー豆を使ったコーヒースタンド「Kiki Coffee」が広島市にオープンします。それに合わせて、 当店も7月29日から8月3日までお休みして広島に行ってきます。 写真はオーナーの中村夫妻。島のヘビーリピーターなので、屋久島旅の相談もできるかも。シャープなロゴは、当店の新パッケージをお願いした屋久島在住のEric Vivian Design。カウンターやベンチの材にも屋久島産の広葉樹を使っています。 店舗デザインは、広島出身の建築家、谷尻誠さん率いる「Suppose design officee」、 ローカルとグローバルのクロッシングポイントのようなお店になることうけあい。 初めての街、どんな旅になることか、一湊珈琲の広島レポート、お楽しみに。

新パッケージ完成です!

newpackage-jugem.jpg

何度かのミーティングを経て、ついに新パッケージが完成しました。 デザイナーは屋久島在住のERIC VIVIAN DESIGN。屋久島らしさより、港町から世界に広がっていくストーリーを、シンプルな一湊の風景に落し込んでもらいました。店頭販売用(写真上)と通販用(写真下)でパッケージの形状と素材が異なります。

JUGEMテーマ:美味しいコーヒーを楽しむ